MENU

 28歳の医療事務をやっている女の子とラブホテルでプレイが開始されました。
通話も盛り上がった相手でしたから、とてもすんなり変態行為をすることができたのが良かったと感じます。
とてもスリムな肉体をしていて、素晴らしいボディラインを見ているだけで、僕のチンコは激しくいきり立ちました。
今回は形状で後手に拘束をして目隠しをしました。
そこからはいつもの言葉責めを開始していきます。
僕の言葉に反応して、とてもエッチな表情になっていきました。
彼女のオマンコからは汁がタラタラとされてくるし、感じてしまっているのがよく伝わってきます。
たっぷり体を触りオモチャ攻撃もしてやりました。
さんざん喘ぎ声を出させた後は、イラマチオで強制フェラをしていきます。
こういう時の苦しそうな女の子の表情は最高の好物になってくれます。
それでも嫌がらずにやってくれるのだから、かなりのスケベなんだと思うと余計に興奮が高まるのです。
安全かどうかも確認せずに生挿入、とても素晴らしい喘ぎ声を聞かせてくれました。
スパンキングもみっちりとやり、白い尻を真っ赤にしていきました。
その尻を見て僕の心は天国にって感じでした。
彼女には口内射精をしてザーメンを、全て飲み込んでもらいました。
陵辱されて、とても興奮してくれた医療事務の女の子と、セックスの後は長い時間まったりと楽しむことができました。

 

 SMパートナーを作れるようになってから、人生が変わったって感じがします。
あれだけ好きなプレイができなくて、欲求不満状態だったんですけど、今ではプレイメイトの肉体を使って自分がやりたい方向で性処理を楽しむようになっているのですから。
肉体的な部分はもちろんですが、精神的な満足度は計り知れないものがあります。
気軽にというわけではないものの、変態仲間から教えてもらった出会い系だったら、頑張れば同じ性癖を持つエッチな女の子探しが可能です。
さらに僕としては、セフレを探し続けていこうと考えていました。